会長挨拶

東京青梅ロータリークラブ会長 関塚 聰明

2018〜2019年度
東京青梅ロータリークラブ

会長 関塚 聰明

会長基本方針 「郷土愛」

今年度のテーマは「郷土愛」としました。 ロータリーの目的は、職業を通して社会に奉仕し、ロータリアン各自の職業を高潔なものにする事であり、ロータリアン一人一人が個人として、また事業及び社会生活において、日々、奉仕の理念を実践する事であります。

青梅市は、面積約103.3平方キロメートルあり、その内約60%が豊かな森林に囲まれ、中央に多摩川が西から東に流れる「緑と清流」の町として環境に良い町であります。

私たちは、長年青梅に住み、また職場として青梅で従事している人達が、青梅を良く知らなかったり、そうであったかと忘れられていたりしている事が多々あると思います。青梅の歴史・文化・観光等を通して再度学び、青梅の良さを改めて認識する一年にしようと思い、テーマを「郷土愛」としました。

また、青梅市は災害に強い地域と言われていますが、近年地震に対する報道が多く、私たちも災害に対する日頃の心構えが必要かと思い、住み慣れた青梅の現状を把握し郷土を守る方針でありたと思います。

私は、多くの仲間と共にロータリークラブを盛り立て、発展しますように、職業を通して奉仕し、社会に貢献できる組織として、青梅の良き環境を知り今後のロータリー活動に役立だせたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。